オススメ人気ウェアブランド、エドハーディー(Ed Hardy)の特徴を紹介します。

エドハーディー(Ed Hardy)はLA発のウェアブランド。

タトゥーアーティストであるドン・エド・ハーディー(Don Ed Hardy)と
各ファッションブランドを手掛けるデザイナー、クリスチャン・オードジェー(Christian Audigier)が設立したブランドです。
特徴としてはタトゥーやラインストーンの扱いから溢れ出す独特のロックさや文化要素が挙げられます。

そのデザインや刺繍面はドン・エド・ハーディの個性が最大限に生かされており今日も新たなファンを生み出しています。

また、同ブランドはファッションだけに留まらずサングラスなど他アイテムを多数販売しているのもポイント。

もちろんそれらにもドン・エド・ハーディのテイストが詰まっています。

そのためコーデにおいては同ブランドアイテムで固めてファッションを構築してみるのもオススメ。

他ブランドと合わせる場合は、その独特の文化的要素を損なわないようにややストリート気味に組み合わせると良いかもしれません。

オススメ人気ファッションブランド、ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)の特徴を紹介します。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)は2001年に設立されたスウェーデン発のブランド。
マリア・エリクソン(Maria Erixon)を中心にしたジーンズデザイナー達が手掛けています。
その中には大手ジーンズブランドLeeで活動していた方も複数いました。
イタリアで生産される同ブランドアイテムの特徴は自身の肌になるような着心地、快適さ、
シルエット感を重視している点。
“ロックさ”まで感じられるそのデニムの表情はカジュアルシーンでも合わせやすいこと間違いなし。
ブランドマークであるポケット部分のNマークも魅力的な部分として各アイテムに配置されています。

日本においては2007年にショップオープンしたのを皮ぎりに多数のアイテムを展開しています。
日常的に履きやすい要素を含めた製品を販売しているので流行に流されない着こなしが出来る点も嬉しい所。
様々なトレンドアイテムと合わせた着こなしが期待できるアイテム及びブランドと言えるでしょう。

牛革アイテムの特徴や扱い方を紹介します!

牛革(カウレザー)は革ジャン(レザージャケット)、財布、ベルトと言ったアイテムに多く使われています。
特に革ジャンは男性の渋さを表すアイテムとして長い間トレンドにもなっており、多くの男性に親しまれてきました。

牛革の特徴として挙げられるのが
植物タンニンなめし・クロムなめし・その中間である混合なめしなどの方法によってツヤや柔らかさ、質感が違うこと。
ブランド物は特になめし方にこだわっていることが多いので選ぶ際の基準にしても良いかもしれませんね。

もちろん天然物として加工を極力抑えたものもあるので牛革アイテムをコーデに取り入れるならば、
なめし方がもたらす効果まで思案しておきたい所です。

牛革アイテムを保管する場合、気をつけておきたいポイントとしてはあまり濡らしたりしないこと。
水拭きも品質が劣化する原因になるので、出来る限り控えましょう。

手入れの仕方としてはキメの細かい布でさっと油分や水分を拭き取り、湿気が少ない場所で保管するのが正解です。
また、多少の乾燥は大丈夫ですがドライヤーを当てる等はNGなので注意してくださいね。

オススメの人気レディースブランド、ヨウジ・ヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)を紹介します。

ヨウジ・ヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)は、デザイナーの山本耀司の名前を冠するブランド。
1981年に行われたパリコレクションを皮ぎりに魅力的な作品を提供し続けてきています。
同ブランドで特徴的なのは山本氏の哲学とも言える繊細な世界観や思考を表現したようなデザイン。
西洋服飾に反立的ともいえるスタイルを取りつつも、斬新なアイテムを生み出していることから、
モード界に革命を起こす存在とも称されました。

同ブランドアイテムの着こなしとしてはまず、エレガントさを失わないように意識すること。
また、カラーリングにおいてもしっかりとコーデを引き締められるように
色数を絞ったアイテム選びが大切です。

多くのデザイナーズブランドに言えることですが
出来るだけデザイナーが意図した世界観を壊さないことが望ましいといえます。
コーデに取り入れる際は他アイテムとの兼ね合いをよく考える必要がありますが
見事着こなした際にはしっかりとその魅力を周囲に与えてくれるブランドです。

オススメ人気ファッションブランド、ケイビーエフ(KBF)の特徴を紹介します。

KBF(ケイビーエフ)は株式会社アーバンリサーチが設立したブランド。
ブランド名は購入者が商品を求める際に重要な要素「Key Buying Factor」に由来しています。
同ブランドはモードやストリートの方向性が見られるカジュアルアイテムが多いのがポイントです。
可愛さがありながらも大人っぽい印象が得やすいアイテムが豊富にあり、
メインターゲットは20代あたりの若年層となっています。

同ブランドアイテムの特徴は旬のトレンド取り入れつつもモノトーンやニュートラルなカラーリングに
抑えていること。これにより日常シーンの様々なアイテムと合わせやすくなっています。
姉妹ブランドKBF+(ケイビーエフプラス)は更にトレンドに特化したものになっており、こちらと
ケイビーエフのアイテムを組み合わせてコーデするのもオススメです。
前述したように合わせやすいアイテムを販売しているブランドなのでコーデの幅もきっと広がるはず、
流行が行き交う近年のファッションシーンだからこそ抑えておきたいブランドです。